さすまた店員の勇気と機転: 東京上野の貴金属店での抵抗

事件の概要

2023年11月26日夜、東京・上野の貴金属店に3人組の強盗が押し入りました。彼らは商品を奪おうとしましたが、店内の「さすまた店員」の迅速な行動により、何も持ち去ることなく逃走しました。この事件は、「さすまた店員」の存在が犯罪抑止にどれだけ重要かを示しています。

さすまた店員の役割

この事件では、従業員が「さすまた」を使い、犯人を威嚇しました。「さすまた店員」は、犯罪発生時に店舗の安全を守るため、この伝統的な道具を使用します。これは、特に高価な商品を扱う店舗や金融機関でよく見られ、犯罪防止の有効な手段となっています。

現場の状況と対応

事件発生時、店内には客はおらず、従業員も無事でした。警視庁によると、3人組は身長約1メートル70センチ、黒やシルバーのヘルメット、黒や紺のジャンパーを着用していました。現場はJR御徒町駅近くで、通行人が撮影した映像により、事件の一部始終が記録されています。

同業者の反応

近隣の宝石店の社長は、この地域で同様の事件が何度も起きており、不安を感じていることを明らかにしました。このような状況で、「さすまた店員」の重要性が増しています。

参照記事:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231127/k10014270141000.html

 

 

 47 total views,  1 views today

Author: pikakichi2015@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です